ハーブの効果を学ぼう

 

ハーブは、古くから人々の生活と深くかかわってきました。日本では、薬草・香草そしてよく知られています。日常生活のあらゆる分野で活用されています。料理やお茶に使っておられる方も多いことでしょう。メディカルハーブは、健康に良い薬用植物のことで、その分野では、健康管理、病気の予防、治療を行う際に、もともと人の体に備わっている自然治癒力を利用します。自然療法といわれ、身体を温めたりして、身体のバランスを元に戻す力に働きかけます。

 

ハーブに関する資格を取ってみませんか。「諒設計アーキテクトラーニング」の人気の講座を受講してみませんか。通信講座ですので、ご自宅で都合の良い時間に受講することができます。早く資格を取得されたい方は、最短2ヶ月ほどで修了できます。ご自身のペースで、都合の良い時間に学んでいくこともできます。その場合も、通常6ヶ月程で修了できるでしょう。ハーブの持つ力、美容に利用する方法など、ハーブに関するたくさんのことを学んでいきます。ハーブに触れ、ハーブの効果を感じながら学習していくことができます。

 

「メディカルハーブカウンセラー」の資格講座

日本メディカル心理セラピー協会主催の「メディカルハーブカウンセラー」という資格講座があります。この講座では、胃、腸、血行不良、ニキビ、シミ、シワなど、様々な症状の改善に役立つ効能を学ぶことができます。また、ハーブの歴史、成分、ハーブを使った料理、ハーブティーのブレンドレシピや効能などを学びます。

 

体調不良、肌のトラブルなど、様々な症状の改善に役立つ、ハーブティーのブレンドについても詳しく学べます。ハーブの持つ、リラックス効果、リフレッシュ効果、デトックス効果の知識を得ることができます。

 

「ハーブインストラクター」の資格講座

日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「ハーブインストラクター」という資格講座があります。

 

この講座では、ハーブを生活の中で活かし、豊かな生活を促進させる知識や技術を学ぶことができます。ハーブの様々な利用方法や応用など、また、栄養に関する知識を得ることもできます。

 

まとめ

メディカルハーブは、薬ではありませんが、健康維持に活用できます。そして、本来の自然治癒力も働きかけ、バランスを整えてくれます。

 

ぜひ、「メディカルハーブカウンセラー」、「ハーブインストラクター」など、ハーブに関する資格を取得し、日常に取り入れていきましょう。

 

 

 

関連ページ

漢方に詳しくなれる資格講座
体調を良くするため、漢方・薬膳を摂り入れる方が増えています。現代医学は、身体の部分を診て悪い物を取り除く対症療法を行いますが、漢方医学では、身体の全体を診てバランスを整えます。そして、植物の力を最大限に活用し、体質を改善していくという根本療法です。
スパイス・香辛料に詳しくなれる資格
料理のアクセントとして、スパイスを使う方は多いと思います。スパイスには、消化を助けてくれるものもあります。たとえば、「コリアンダー」は、消化を助ける胃薬として使われています。「クミン」も、消化を促進する働きがあります。「ジンジャー」も、消化力を高める効果に優れています。スパイスをうまく料理に使う方法、スパイスについて詳しく学べるおすすめの資格講座があります。「諒設計アーキテクトラーニング」の人気の講座を受講してみませんか。